・プラスチックモデルキット(未組立/未塗装)
・九二式重装甲車は騎兵の機械化を目的として昭和7年に制式化された車両です。砲塔と履帯を持ち、戦車の形態をしているにもかかわらず装甲車となっているのは戦車を管轄する歩兵科との兼ね合いであったといわれています。騎兵科用車両の特徴として火力や装甲はある程度犠牲としながらも高速力を重視したことが挙げられ、最高速度は当時の日本戦車としては異例の40km/hを出すことができました。後期型は車体右前方に13mm機関砲を装備。また、夜間射撃に備え機銃先端にはフラッシュハイダー(発射炎制御部)が取り付けられました。下部転輪は4個、上部転輪は2個に改められ、誘導部の形状も変更されています。
・本キットでは車体、砲塔、サスペンションなど、前期型との違いを再現しています。
・同梱のエッチングパーツ(PE3507)には、ランプガード3種、ナンバープレート、操縦手ハッチ、操縦手ハッチ開止、覗き窓、ピストルポート覆、フェンダー追加ステー、矢印、リーフサス押え(後期用)、蝶ボルト、マフラーガード、ハッチヒンジ、エンジンフードロックなどが含まれています。
・戦車兵フィギュア 1体付
・1両入り  
・全長 約125mm
・数量限定生産
JAN: 4986470-058863
¥4,700(税別)

G43E G43E
G43E G43E
G43E G43E
G43E G43E
G43E
上記の写真には、エッチングを使用していない作例もございます。ご了承ください。