・プラスチックモデルキット(未組立/未塗装)
・製作時に洋上/フルハルモデルを選択可
・「睦月」型は、前型「神風」型の同型として計画され、雷撃能力向上の為に61センチ魚雷発射管搭載艦として完成した駆逐艦です。
艦首部のダブル・カーブドバウ、フレアーの拡大で、多くの改良が加えられました。
しかし、これらの改良が艦全体の排水量の増加を招き、重心点の上昇という欠点となり、艦速が低下。さらには友鶴事件・第四艦隊事件などが発生したことにより、性能改善工事が実施されました。艦橋のブルワーク形状の変更、艦橋両舷の短艇甲板の短縮、右舷6m通船の撤去等で軽量化に努めましたが、同時に方探室の追加、対空兵装の強化も行わなければならなかっため、劇的な軽量化には至りませんでした。
・船底パーツを新規金型にて開発、追加しました。
・性能改善工事後の状態を再現。
・真珠湾攻撃等で活躍した「甲標的」が1隻付属(「甲標的」とは、魚雷2本を艦首に装備し、電池によって行動する小型の潜航艇です)
・「如月」「弥生」「菊月」のデカール付 
・1隻入
・全長 約146mm
JAN: 4986470-017716
\2,000(税別)

W173 W173
画像は試作品を組み立て、塗装したものです。